仙台 司法書士 久保徳高 く・ぶろぐ~ blog & HomePage


最近は、サントリーです。[1.25.fri.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 1月 25th, 2008

家に帰ると、』毎日のように晩酌です。
ただし、食事(夕食)を食しながらです。
過重な仕事での、神経を安るためです。

p1250011.JPG p1250013.JPG

医師の指示です。 必ず食べながら飲みなさいということです。
カラ酒は、良くない。 すきっ腹にお酒を飲むのは、お酒のみの通;コノスエアなのでしょう。
しかし、私のような大酒のみには不向きです。
体を害してしまします。 医師は、必ずツマミなどを食べながらお酒を飲みなさいと指導してくださいます。
私は、その指示・指導に従っているのです。

p1250014.JPG p1250002.JPG

会合があっても、自宅に戻ってから、独り静かに飲み直します。 習慣です。

酒は、美味しく飲む。
ただし、体を壊しては元も子もありません。

楽しく、美味しく、健康的に、「適量」を飲みましょう。

ところで、私はいまはサントリーです。
親しくさせていただいている西宮支社長のおかげです。
西宮さんの前は、岡村美孝さんでした。
サントリーは、人材が豊富です。

学生の頃は、サントリーレッドでした。
ホワイトなど、贅沢品でした。 サントリー角瓶は、高嶺の花でした。
オールドは、目上の方にご馳走になるときだけでした。
ロイヤルなど、高級品でした。

トリス、赤玉ポートワインもありました。
なつかしい時代です。

いまは、廉価な“膳”と“北杜”が主流です。
ビールは、第三種の“ジョッキ 生”です。

080125fri.

最近は、サントリーです。[1.25.fri.] はコメントを受け付けていません。

ブラジルへの準備・打合せが、煮詰まってきました。[1.23.wed.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 1月 23rd, 2008

ブラジル行きが、近づいてきています。
打合せは、比較的ひんぱんに行っています。
チケットも届きました。

p1230004.JPG p1230003.JPG p1230005.JPG p1230001.JPG ※ポルトガル語は非常にむつかしい。 実感です。

往路は、ニューヨーク経由で26時間です。
復路は、同じく48時間です。

1月30日に成田を発って、翌日31日にブラジル最大の都市サンパウロに到着です。
帰りは、2月7日にサンパウロを発って、9日に成田着です。

往きの1日間と帰りの2日間は、我慢の旅でしょう。

あくまで、仕事です。

p1230008.JPG p1230009.JPG ※国土は、日本の32倍の広さです。地球の反対側です。 気温は、30℃もの差があります。

いまサンパウロは、日本人移住(移民)100周年でわきかえっているそうです。
100年前、日本人移住者は、2ケ月間の船旅によりブラジルのサントス港に着きました。

2月3日からは1週間くらい、有名なリオデジャネイロのカーニバルのお祭りです。

p1230010.JPG p1230011.JPG p1230012.JPG ※ほとんどの国民は、キリスト教カソリックです。 対照的に、あらわな女性の踊る姿です。 私の、自制心・理性はどこまでもちこたえられるか? 大いに疑問です。

治安は悪いとのことです。

命がけというと大袈裟ですが、安易な仕事の出張とはどうしても考えられません。

再帰化希望のSYさんのため、ヤルっきゃないという覚悟です。

080123wed.

 

ブラジルへの準備・打合せが、煮詰まってきました。[1.23.wed.] はコメントを受け付けていません。

本年初の東西会(とんしゃーかい) [1.22.tue.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 1月 22nd, 2008

今年最初の、東西会(とんしゃーかい)でした。
会場は、ホテルリッチフィールドの地階“中華料理 エイライシャン”です。

p1220003.JPG p1220002.JPG p1220001.JPG p1220006.JPG p1220005.JPG p1220007.JPG p1220004.JPG

新年のせいか、20名ほどの会員も半分の10名しか参集できませんでした。
しかし、悲観するには及びません。
有力かつ有能な新会員が2名、初参加してくださいました。
p1220002_01.JPG p1220001_01.JPG p1220012.JPG p1220022.JPG p1220008.JPG

お一方は、東北ペプシコーラ販売㈱ 代表取締役社長の松原敏道さんです。
関西は、芦屋市での暮らしが長く、実家は大阪市とのことです。
生粋の関西人が加わってくださったのです。
話も、彼のおかげで非常に盛り上がりました。

もうお一人は、㈱鴻池組 東北支店長の佐藤雅良さんです。
長野のご出身ですが、名古屋での赴任が長く、筋金入りの名古屋人を、東西会に加入いただきました。
名古屋というと、日本史に大きくその名を残し、いままた自動車関係の大企業で右肩上がりの中核都市です。
江戸時代から続く、鴻池組なのです。

p1220009.JPG p1220010.JPG p1220023.JPG p1220028.JPG p1220029.JPG p1220020.JPG p1220013.JPG ※神戸製鋼の支店長、サントリーの支店長、東洋ワークの社長など、多士済々です。

夕刻6時半から始まり、午後9時近くまで、話題盛況の賑わいをみせた東西会でした。

何といっても、新聞・テレビニュースなどでは、決して入手できない裏情報が、ワンサカと入ってきます。
たいへんな勉強・研修になるのです。 スゴイものがあります。

p1220011.JPG p1220015.JPG p1220016.JPG p1220014.JPG p1220017.JPG p1220024.JPG p1220027.JPG p1220018.JPG ※中華料理といっても、脂っこくなく、あっさり系の日本人好みのする味の料理でした。

080122tue.

本年初の東西会(とんしゃーかい) [1.22.tue.] はコメントを受け付けていません。

ペネロペ・クルスの“帰郷;ボルベール” [movie]



Posted in 日記;diary by kubox on the 1月 20th, 2008

映画 “ボルベール;Volver” ペネロペ・クルス主演です。
この映画は、面白かった。 ストーリーがサスペンス調に流れていきます。
そのうえ、ペネロペ・クルスが、抜群に美しい。

p1200001_01.JPG p1200005_01.JPG p1200006_01.JPG 

p1200003_01.JPG p1200002_01.JPG p1200007_01.JPG p1200007.JPG p1200004_01.JPG p1200008_01.JPG 

スペインのマドリッドで暮らすライムンダ(ペネロペ・クルス)が、主人公です。
どこから見ても美しい。
『立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹(ぼたん)、歩く姿は百合の花』というのは、彼女のためにあるようなタトエ言葉です。

p1200027_01.JPG

後姿まで美しい。 映画の実質的内容も良かったのですが、ペネロペ・クルスを観ているだけでも価値のある映画でした。

p1200020.JPG p1200021.JPG ※カンヌ国際映画祭の密着映像。

プロット(ストーリーの展開)に、常に謎を秘めさせて進めていく物語の進行も良くできています。
ぜひ、お薦めの一作です。
p1200029_01.JPG p1200030_01.JPG p1200031_01.JPG p1200032_01.JPG p1200033_01.JPG

081220sun.

ペネロペ・クルスの“帰郷;ボルベール” [movie] はコメントを受け付けていません。

“デパーテッド;The Departed” [movie]



Posted in 日記;diary by kubox on the 1月 20th, 2008

映画“デパーテッド;the Departed”です。

p1200001.JPG p1200002.JPG p1200003.JPG 
p1200004.JPGp1200005.JPGp1200006.JPG

レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソンという、豪華メンバーです。 ジャケットも、ケースもすごい出来栄えです。

ただし、内容的にはあまり高い評価ができない映画でした。

マフィアへの極秘潜入捜査の担当をさせられたL.ディカプリオ。
その逆に、優秀な警察官M.デイモンは、マフィアが警察にもぐりこませたスパイだった。

p1200022.JPG p1200023.JPG p1200024.JPG p1200026.JPG p1200027.JPG p1200029.JPG p1200030.JPG p1200031.JPG p1200032.JPG p1200033.JPG

ストーリーが複雑で、俳優の見極めがつけにくい展開なので、観賞後の感動的場面はほとんどありませんでした。

俳優が大物ぞろいだったこと。 2006年度アカデミー賞最多4部門(作品賞・監督賞・脚色賞・編集賞)を受賞したとのことでした。

本編DVDのほかに、特典映像ディスクが付いていて内容を観賞後に理解できたこと。
また、初回限定スペシャルディスク;special discが付いていたことが、得した感がありました。
これらがなかったら、買い損ないだったかも知れません。

若手2人の役どころは別にして、さすがジャック・ニコルソンは渋くて重みあるいい演技を見せてくれました。

080119sat.

“デパーテッド;The Departed” [movie] はコメントを受け付けていません。
« 前ページへ次ページへ »