仙台 司法書士 久保徳高 く・ぶろぐ~ blog & HomePage


年末年始。[2009.1.8.thu.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 1月 8th, 2009

年末年始でした。
当職の事務所は、年末仕事納めは、12月26日まで、年始(仕事始め)は1月5日からでした。

しかし、小生自身は、29日(月)・30日(火)まで、仕事をしなければなりませんでした。
年内に、どうしても処理しておかなくてはならない案件が、いくつかあったためです。
来客も、2者ありました。

また、発送しておかなくてはならない文書が6件ありました。
6文書作成でした。

うち、2件は事件がらみの内容証明(配達証明付き)、2件が書留郵便(配達証明付き)、残り2件は、普通郵便の文書です。

12月29日(月)
29日は、配偶者も当職事務所の仕事が少々あったので、子どもを伴って出勤してくれました。
ただし、配偶者は自分の仕事をスムーズに済ませ、子どもと一緒に早めに退所しました。

私は、夜9時にブラジルのサンパウロに電話するため(サンパウロは、朝9時です)、その時間に依頼者宅にうかがいました。
ぶじ、サンパウロの当事者と電話で円満な話合いができ、一応この事件について、年内の仕事は終えられたのです。

12月30日(火)
最終日(30日)10時半ころから事務所へ出たのです。 独りわびしく仕事です。
がんばって、夕方までに6文書を完成させ、最後に北郵便局から発送でき、仕事上の越年ができました。

年初~3日・4日
1月3日(土)は、家族とスポーツクラブに行って、スカッシュとラケットボールの『初打ち』です。
その後、家族で食事後、私だけ事務所で数時間仕事です。

翌4日は、私が理事長をしているマンション(120戸)の管理組合法人で、弁護士に依頼している事件があります。
その事件関係で、弁護士から 「1月5日(月)まで、裁判所に提出する 『陳述書』 を書き上げておくように」 とのご指示でした。
4日(日曜日)の午前1時頃から、資料と頭を突きあわせ、昼食も食べずに夜7時半まで書き上げました
我が身の不幸と不運を、身に沁みて感じさせられた本年最初の日曜日(4日)です

とはいえ、「陳述書」が完成したときは、『やったーっ!』と、小躍りしてしまったほどです。
途中でストーブの灯油切れになり、空腹と寒さに耐え、完遂しました。
「陳述書」は、A4判6ページになりました。

恐慌
不景気・大不況です。
儲かる話は少ない。 
でも、儲けは少ないのですが、年末年始に 『やらなくてはならない仕事』 があっただけ、救いでした。
家族全員なんとか貧乏ながら、ぶじ年を越すこともできたことですし・・・。
感謝!

そして、今年に賭けよう!
「今年こそ、実現するぞ」という、自身の念願があります。
新たな年です。 心も新たに、がんばります。

090108thu.

年末年始。[2009.1.8.thu.] はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.