仙台 司法書士 久保徳高 く・ぶろぐ~ blog & HomePage


未病治癒と新型インフルエンザ対策.[5,18.mon.’09]



Posted in 日記;diary by kubox on the 5月 18th, 2009

一昨日は、用事があり、昨日はひさびさの体調不良でした。
ということは、1週間、スポーツなしの日々ができました。
危険なブランクです。

まさしくそのとおり、本日 月曜日は、だるい・重い・つらい という心身の状況でした。
ガマンできなくなり、医師に頼んで点滴か、もしくはスポーツという二者択一に追い込まれました。

やむにやまれず、夕方4時頃、オフィスを抜け出し、スポーツクラブへ飛んで行ったのです。

ウォーミングアップのあとは、まずラケットボールです。
p5180023.JPG p5180028.JPG p5180021.JPG p5180020.JPG
対戦者は、クラブ・スタッフのダイジくん(23歳)。 15分間の熱戦です。

その後、1人で軽くスカッシュを自主トレしていたのです。
ところがラッキーなことに、ちょうどそこへ、若くスマートな女性がスカッシュのプレイにいらっっしゃたのです。
私は、即座に「一緒にスカッシュをしませんか?」と声をかけさせていただいたのです。

p5180038.JPG p5180042.JPG p5180040.JPG p5180037.JPG p5180034.JPG 彼女は、快く承諾してくださいました。 若い女性ですが(20歳前後かな?)かなりの腕前です。小生も必死で打ち合い、それなりのいい試合になりました。

日本の禅にも精通している、クラッシックバレエの演出家 モーリス・ベジャールの言葉通り「いくら言葉で会話しても理解できないことがある。しかし、バレエを通じての身体のコミニュケーションは、数分で分かり合える」

ベジャールの言うとおりでした。 年齢差・性差を越えて、お互い懸命に熱戦したのです。
スカッシュで心は通じ合うのです。 「ありがとうございました! ワタナベさん」

男性とRB・SQをすると、闘争心がわいてきます。 知らず知らずに、熱くなるのです。
女性とプレイすると、スポーツを愉悦し、心が温かくなります。
この差って、何だろう? 不可解。

T-シャツ3枚が、汗でビッショリで、新陳代謝も高まりました。
あとは、クールダウンをして、シャワーです。

p5180047.JPG p5180048.JPG

未病も治癒され、新型インフルエンザ対策にもなりました。

ただし、これには、私独自の秘密兵器があります。
これを授けてくださったのは、敬愛する医師M先生です。

一つは、「元気の水」というアルカリイオン水(酸素水)です。 練習試合の合間に500mlを2本。
二つには、さらに強力な「SWAT」という高水素濃度ウォーターです。 スーツからスポーツウエアに着替えるときに、つまり臨戦態勢に1本180mlを飲み、戦いの準備です。 途中疲れがひどいときや、白熱した勝負の合間にまた1本180mlです。
この肉体に生命エネルギーを与えるほどの 『水』を、近いうちにご紹介します。

090518mon.

未病治癒と新型インフルエンザ対策.[5,18.mon.’09] はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.