仙台 司法書士 久保徳高 く・ぶろぐ~ blog & HomePage


ブロードウェイ・ジャズナイト;BroadwayJazzNight [8.27.wed.]



Posted in 日記;diary by kubox on the 8月 28th, 2008

ブロードウェイ・ジャズナイト;BroadwayJazzNight を、堪能させていただく好機に恵まれました。
ブロードウェイ・ミュージカルから14曲+2曲(アンコール)で、ヴォーカルとピアノ演奏のコンサートでした。

p8270030.JPG p8270027.JPG p9120009.JPG p9120007.JPG p9120008.JPG p8270020.JPG ※購入した彼女のC Dに、サインしてくださいました。「 ありがとう! アンドロメダさん」

ピアノは、常盤木学園理事長 松良先生のお嬢様 沙織(さおり)さんの演奏(ヴォーカルへの伴奏)でした。
もともと「ちひろ倶楽部」事務局の中山邦彦さん(シーズクラブ)からいただいたご案内によるコンサートです。
中山さん、ありがとうございます。

松良沙織さんの、指先から驚くほどのピアノ演奏に引き込まれました。
あの小ぶりな指先から、こんなに大きな感動のピアノ曲が出てくるのが、シロウトの私にはマジックのように不思議でした。
演奏中の彼女の指の動きを、何度も凝視させられたほどです。

p8270041.JPG p8270042.JPG p8270047.JPG p8270052.JPG 
※ピアニストのサオリ・マツラさん(松良沙織)。

あくまで伴奏であったのですが、ヴォーカルが180㎝くらいの黒人女性でした。
アンドロメダ・トゥーレさんです。
 
彼女は、 失礼ながらが、歌っていらっしゃるときは、オリンピック ジャマイカのボルトに比肩するといえる迫力がありました。 あくまで、「ヴォーカルのときの迫力」です。 長身の体躯からの歌声は、全身全霊の響きがあります。
しかし、顔はスリムな美形でした。 美人です。

歌っている最中も、『何枚もの、絵になる表情』、つまり『写真におさめたい、素晴らしい表情』があふれていました。 ただ、歌の最中は場内は撮影禁止でしたので、休憩中に撮影させていただきました。

p8270050.JPG p8270049.JPG p8270045.JPG 

黒人女性の感動的ヴォーカルと伴奏のピアノに酔いしてた宵でした。
なお、黒人とはいってもお父さんはイタリア人とのことです。
彼女は、現在、東京ディズニーランドの歌姫として、来日し活躍中です。

p8270059.JPG p8270060.JPG p8270096.JPG 
※友情の絆で結ばれているシンガーとピアニスト。 理事長の松良千廣 大先生。
私とアンドロメダ・トゥーレさん。

アンドロメダさんは、アメリカで、松良嬢と親友になられたとのことです。
沙織さんとアンドロメダさんとの、初めての出会いの際の友情の曲は、“Blue Bossa”という曲だったそうです。 楽しい曲です。

会場は、瑞鳳殿入り口の“レストラン パリンカ”でした。 60名ほどの聴衆が入場し、満席でした。

p8270070.JPG p8270062.JPG p8270077.JPG p8270072.JPG 

コンサート終了後、飲食のパーティでした。 小生は、いま胃を痛めているので、早めに運転代行で帰宅しました。

080827wed.

ブロードウェイ・ジャズナイト;BroadwayJazzNight [8.27.wed.] はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.